ご予約優先・お昼も営業・交通事故治療、各種保険対応
ご予約優先・お昼も営業・各種保険対応

四十肩・五十肩でお困りの方は
浅野接骨院整体院

             24H受付 WEB予約はこちら   LINEご登録はこちら

 
 診療時間  月 水 
9:00~16:00
 16:00~19:00 -

          四十肩・五十肩でお困りの方は
  浅野接骨院整体院

HOME | 四十肩・五十肩

お悩み

 
  ☑服を着るときに肩がつらい
  ☑肩の痛みで夜に目が覚めてしまう
  ☑腕が思うように上がらなくてつらい
  ☑肩が痛くて腕に力がはいらない

    

服を着るときに肩が痛む…
肩の痛みで夜目が覚めてしまう
うでが思うように上がらなくてつらい
肩が痛くてうでに力がはいらない
 

辛い肩まわりの痛みご相談ください!
肩の痛み

うでを動かそうとしたら突然肩に激痛が走った…。服がうまくきれない…。痛みで夜も眠れない…。このような肩から腕にかけての症状にお悩みの方は四十肩・五十肩と言われている症状になっていることが多くあります。四十肩・五十肩は名前の通り40歳以降に多く起こる痛みであり、あだ名みたいなものです。正式名称は「肩関節周囲炎」といい、肩関節の周囲に起こる炎症のことです。若い方でもこのような症状がおきることもあります。
肩は腕を広範囲に動かせることができる分、構造が複雑であったり関節への負担が大きいため炎症が起こりやすい部位でもあります。
肩周辺の症状でお悩みの方はお早めにご相談ください!

うでを動かそうとしたら突然肩に激痛が走った…。服がうまくきれない…。痛みで夜も眠れない…。このような肩から腕にかけての症状にお悩みの方は四十肩・五十肩と言われている症状になっていることが多くあります。四十肩・五十肩は名前の通り40歳以降に多く起こる痛みであり、あだ名みたいなものです。正式名称は「肩関節周囲炎」といい、肩関節の周囲に起こる炎症のことです。若い方でもこのような症状がおきることもあります。
肩は腕を広範囲に動かせることができる分、構造が複雑であったり関節への負担が大きいため炎症が起こりやすい部位でもあります。
肩周辺の症状でお悩みの方はお早めにご相談ください!

なぜ肩が上がらなくなるの?

肩関節は「関節包」という薄い膜や、関節の動きを滑らかにするための油のような役割を果たす「滑液」をつくる「滑液包」といった組織で覆われており、四十肩五十肩ではまずこの関節包や滑液包になんらかの原因で炎症が起こります。炎症は周囲の筋肉や、筋肉と骨をつなぐ腱、ほねとほねをつなぐ靭帯など様々な周囲の組織に広がっていきます。この炎症による強い痛みや組織が縮んでしまうことにより肩が上がらない、動かすことがつらい、といった症状を引き起こしてしまいます。

肩関節

肩関節は「関節包」という薄い膜や、関節の動きを滑らかにするための油のような役割を果たす「滑液」をつくる「滑液包」といった組織で覆われており、四十肩・五十肩ではまずこの関節包や滑液包になんらかの原因で炎症が起こります。炎症は周囲の筋肉や、筋肉と骨をつなぐ腱、ほねとほねをつなぐ靭帯など様々な周囲の組織に広がっていきます。この炎症による強い痛みや組織が縮んでしまうことにより肩が上がらない、動かすことがつらい、といった症状を引き起こしてしまいます。

肩関節
痛みはどれくらい続くのだろう…

症状は発症時に急性に現れるものや、徐々に現れるものもあり一定ではないことが多いですが、肩の変形や筋肉の萎縮はあまりありません。
症状の病期はおおむね3つに分類されます。
①【炎症期】
1~3ヵ月程度が多く、痛みが最も強い時期。肩の前方や奥のほうに自発痛を感じ、この痛みは腕にまで拡散することもあります。痛みは昼夜とも持続し、夜間痛のため睡眠が障害されることもあり、衣服の着脱や、髪をとかす、手を後ろに回す、洗濯物を干すなど日常生活動作が困難となることも多くあります。この時期の動きの制限は、痛みによる要素が強いといわれています。
②【拘縮期】
3~12ヵ月程度が多く、症状を放置してしまうなどひどくなった場合には2年程と長期に及ぶこともあります。拘縮(関節が硬くなりその結果関節の動きが制限された状態)が完成されてしまう時期なので拘縮期と呼ばれ、日常生活動作などあらゆる方向に運動制限が生じてしまい、動ける範囲内で日常生活を送るようになってしまいます。
痛みは炎症期よりは軽減することが多いですが、寝返りによる痛みで起きてしまったり、痛みが出る怖さによりなかなか動かすことができない時期です。
③【解氷期】
拘縮が次第に解けていく時期です。日常生活の工夫や温めるといった努力により徐々に肩の動きが改善され、夜間痛も改善されていくことが多いです。

 

症状は発症時に急性に現れるものや、徐々に現れるものもあり一定ではないことが多いですが、肩の変形や筋肉の萎縮はあまりありません。
症状の病期はおおむね3つに分類されます。
①【炎症期】
1~3ヵ月程度が多く、痛みが最も強い時期。肩の前方や奥のほうに自発痛を感じ、この痛みは腕にまで拡散することもあります。痛みは昼夜とも持続し、夜間痛のため睡眠が障害されることもあり、衣服の着脱や、髪をとかす、手を後ろに回す、洗濯物を干すなど日常生活動作が困難となることも多くあります。この時期の動きの制限は、痛みによる要素が強いといわれています。
②【拘縮期】
3~12ヵ月程度が多く、症状を放置してしまうなどひどくなってしまった場合には2年程と長期に及ぶこともあります。拘縮(関節が硬くなりその結果関節の動きが制限された状態)が完成されてしまう時期なので拘縮期と呼ばれ、日常生活動作などあらゆる方向に運動制限が生じてしまい、動ける範囲内で日常生活を送るようになってしまいます。
痛みは炎症期よりは軽減することが多いですが、寝返りによる痛みで起きてしまったり、痛みが出る怖さによりなかなか動かすことができない時期です。
③【解氷期】
拘縮が次第に解けていく時期です。日常生活の工夫や温めるといった努力により徐々に肩の動きが改善され、夜間痛も改善されていくことが多いです。

浅野接骨院にお任せください!
 

四十肩・五十肩は放置しておくと痛みが増強し炎症がなかなか収まらなくなってしまったり、中々ご自身で動かすことができない為拘縮してしまう時期が長くなってしまう為要注意です。


病気や怪我の対処は早ければ早いほど有効で治りも早いですが、四十肩・五十肩といった症状も、もちろん一緒です。

当院では丁寧にカウンセリングや分析を行い原因とないっているであろう部位を見極め、特殊電気治療、筋バランス調整、骨格・骨盤矯正、トリガーポイント療法などの手法で、お一人一人のお身体の状態にあったより良い施術をご提供しています。

四十肩・五十肩では症状が進行し肩の拘縮がひどくなってしまう前に肩の動きをつけていくことが重要な為、患者様の状態を見ながら無理なく可動域を広げていく施術も取り入れていきます。


また施術の中で得た情報をもとにご自宅でも行えるストレッチや運動法・日常生活での注意点など、ご自身にあった最適なセルフケアをお伝えし痛みの出にくい体を目指していきます。


筋骨格系の専門知識を有する国家資格保持者が施術を行いますので安心安全です。まずはお気軽にご相談ください!

 

四十肩・五十肩は放置しておくと痛みが増強し炎症がなかなか収まらなくなってしまったり、中々ご自身で動かすことができない為拘縮してしまう時期が長くなってしまう為要注意です。


病気や怪我の対処は早ければ早いほど有効で治りも早いですが、四十肩・五十肩といった症状も、もちろん一緒です。

当院では丁寧にカウンセリングや分析を行い原因とないっているであろう部位を見極め、特殊電気治療、筋バランス調整、骨格・骨盤矯正、トリガーポイント療法などの手法で、お一人一人のお身体の状態にあったより良い施術をご提供しています。

四十肩・五十肩では症状が進行し肩の拘縮がひどくなってしまう前に肩の動きをつけていくことが重要な為、患者様の状態を見ながら無理なく可動域を広げていく施術も取り入れていきます。


また施術の中で得た情報をもとにご自宅でも行えるストレッチや運動法・日常生活での注意点など、ご自身にあった最適なセルフケアをお伝えし痛みの出にくい体を目指していきます。


筋骨格系の専門知識を有する国家資格保持者が施術を行いますので安心安全です。まずはお気軽にご相談ください!